不動産投資

アパート経営について

■アパート経営とは

 アパート経営とは、アパートを入居者に賃貸することで、長期的に安定した利益を得ることを目的とした資産運用です。いっこうに改善の兆しの見られない国内景気に、不安を隠せないという方は多いのではないでしょうか。ペイオフ解禁401k導入など、今後ますます資産運用には自己責任が問われる時代となります。ペイオフ解禁とは、政府により全額が払い戻し保証されていた預金が、金融機関が破綻した場合、定期預金など定期性預金については元本1000万円とその利息までしか払い戻し保証されす、また普通用金も決済性預金も含めて、元本1000万円とその利息までしか払い戻しが保証されないことです。そして401kとは、確定拠出年金制度のことで、加入者自身が商品を選択・運用し、その運用成果次第で将来の年金額が変動する、従来の年金制度とは大きく異なる全く新しいタイプの年金制度のことです。そんな中、今、不動産投資が見直されており、アパート経営もその一つといえます。不動産投資にも、いろいろな投資手法が存在します。

 こういった投資手法を持つ不動産投資のアパート経営などは、長期的に安定収入を得ることが出来る、堅実な投資先として注目されているのです。

■他の投資との比較

 他の投資商品に比べて、アパート経営の投資は長期的に安定した収入が得られ、リスクも少なく、節税効果が高い投資商品といえるでしょう。資産運用には、貯める資産運用と、増やす資産運用の2つがあります。貯める資産運用とは、リスクを伴わない、定期預金や保険などのことで、増やす資産運用とは、リスクを伴う、株、債券、投資信託などの金融商品や、また不動産で家賃収入を狙う不動産投資もこれに当てはまります。これら2つの特徴を挙げてみると、アパート経営は安定して行える資産運用といえます。

・預貯金、保険の資産運用の場合

 超低金利の現在では、預貯金にはあまりにも期待が持てない上に、ペイオフの不安も拭うことができません。各金融商品の利回りは悪く、貯蓄性が低くなっているのが現状です。

・株、債権、投資信託の資産運用の場合

 株への投資はリスクが大きく、専門的な知識も必要で、常に経済・為替動向に気を使い、しっかり管理をしなくてはいけない手間がかかる資産運用といえます。これらの投資に比べ、土地活用のひとつでもあり、資産運用である「アパート経営」は、リスクが少なく専門知識が無くても経営を始めることが可能です。しかも高品質の賃貸住宅なら、将来に渡り安定した収入を望むことが可能ですから、安定した資産運用ができるわけです。 とはいえ、これらの資産運用は様々な面で自己責任が付きまといます。リスクとリターンをしっかりと認識すことが重要になるのです。特に、長期の投資は、現状では予想することの出来ない、不確実な要素を含んでいます。ですから、アパート経営を始める前に「様々な不確実なこと」を想定し、将来ダメージを受けたとしても受け入れられるものを「自分で」「選択し」「納得する」覚悟が必要です。

pickup

Last update:2017/4/3

Copyright (C) 2008 不動産投資のポイント. All Rights Reserved.